住友精化が底堅い、中期計画の道程目標設定

 住友精化<4008.T>は軟調も、全体相場急落の中では下げ幅は限定的で底堅さを発揮している。同社は31日、2010年4月にスタートした6カ年の中期経営計画「SEIKA PLAN2015」について、後半3カ年(13~15年度まで)の業績目標の道程を設定し発表した。既に最終年度となる15年度については、売上高が1000億円、営業利益は100億円、ROA10の数値目標を発表していたが、途中年度についても13年度は売上高915億円、営業利益48億円、ROA6%、14年度は売上高950億円、営業利益70億円、ROA8%とそれぞれ詳細を発表、計画の進捗度がより具体的に分かりやすくなったことで押し目買いの手掛かり材料となっているようだ。

住友精化の株価は9時53分現在375円(▼11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)