メディアSが4日続落、第3四半期累計決算の営業赤字幅拡大を嫌気

 メディアシーク<4824.T>が4日続落。5月31日発表の第3四半期累計(8~4月)累計連結決算が、売上高9億7300万円(前年同期比9.8%減)、営業損益1億800万円の赤字(前年同期8300万円の赤字)と赤字幅が拡大していることが嫌気されている。法人事業で個人や中小企業がスマートフォンアプリを簡単に制作・運用できるクラウド型情報サービス「Bizness Apps JAPAN」を開始するなどして2ケタ増となったが、コンシューマー事業の不振が響いた。なお、13年7月期業績予想は売上高14億5000万円(前期比1.0%増)、営業利益900万円(前期1億4100万円の赤字)の従来予想を据え置いている。

メディアSの株価は11時14分現在4万9700円(▼3400円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)