日立化が3日ぶり反発、岩井コスモ証券が投資判断引き上げ

 日立化成<4217.T>が3日ぶり反発。この日は、岩井コスモ証券が31日付で投資判断を「B」から「B+」とし、目標株価を1300円から1900円に引き上げたことが観測されている。会社側の14年3月期為替想定(1ドル=90円)が保守的であり、業績は上振れ余地大と指摘。また、シリコンウエハーや液晶パネルの出荷が2月を底に回復基調にあることや、同社の主力製品も上向き傾向にあるなど、月次売り上げ動向などから収益環境の着実な改善が見込まれ、今後、株式市場が業績動向を注視する展開となった際には見直し買いが期待できるとしている。

日立化の株価は11時28分現在1635円(△25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)