ペガサスが続伸、中国関連株物色の流れを反映

 ペガサスミシン製造<6262.T>が続伸。全体悪地合いに抗して材料株の本領を発揮する展開となっている。同社は工業用ミシンの大手で、中国向けの売上依存度が高いことで知られる。きょうは、1日に発表された5月の中国PMI(製造購買担当者景気指数)が買い手掛かりとなっており、前月から改善をみせていることで中国景気の先行きにやや明るさが見え始めていることが買いを誘っている。「これで中国景気減速への懸念が払拭されたわけではないが、全体相場が買い材料に乏しい中で消去法的な買いが流入している」(国内準大手証券)という。ただ、「個人の注文は足もとかなり細っており、戻り売りを念頭に資金の回転も速くなっている」(同)との指摘も。

ペガサスの株価は12時34分現在410円(△27円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)