<後場の注目銘柄>=近鉄エクス、積極中期計画を推進

 近鉄エクスプレス<9375.T>は14年3月期の連結業績を売上高2700億円(前期比9%増)、営業利益145億円(同9%増)と、過去最高の更新を見込む。日本や米州はじめ全ての地域で増益を見込む。特に、東南アジアでは大幅増益(同40%増)を計画している。

 新中期経営計画(14年3月期~16年3月期)を発表。最終年度に売上高3300億円(前期比33%増)、営業利益180億円(同36%増)を目指す。アジア地域での物量拡大をはじめ、海上貨物事業とロジスティクス事業の強化、重点取扱品目の自動車部品や生鮮食品を中心に営業強化を図る。上昇トレンドは継続中で、ジリ高に期待がかかる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)