あじかんが反発、こぼう関連製品を含めた新分野に展開

 あじかん<2907.T>が反発。5月31日には741円まで下落したが、時価は昨年9月12日の712円以来の安値圏であり値ごろ感が高まっている。卵加工品や水産練り製品など業務用食材を主力に事業を展開、同社では2021年3月期を着地点とする長期ビジョン「あじかんV20」を策定しており、こぼう関連製品を含めた新分野への展開に期待が高まる。

あじかんの株価は13時7分現在752円(△11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)