タカラバイオ続急伸、ペプチドリーム人気が波及

 タカラバイオ<4974.T>が続急伸となった。「6月11日にマザーズ上場予定のバイオベンチャーのペプチドリームの公開価格が仮条件の上限で決定、PERは190倍強という水準でバイオ関連は指標面での割高・割安論議から離れ、将来性を買うという動きが改めて意識された」(国内準大手証券)という。その中で「タカラバイオは再生医療関連の中軸銘柄との認識が強く、下値リスクが限定的と見た個人投資家の買い注文が目立っている」(同)もよう。同社は、前3月期の業績急拡大の反動もあって今期最終利益は減益を見込むものの、バイオ関連では数少ない有配企業でもあり買い安心感があるようだ。

タカラバイオの株価は13時34分現在3340円(△130円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)