東京エレクトロンが反落、SMBC日興が今期営業利益は会社予想を30億円下振れると指摘

 東京エレクトロン<8035.T>が反落。先月21日に年初来高値6030円をつけてから下値を切り下げる軟調な展開が続いており、手仕舞い売りも出始め調整色が一段と強まっている。米半導体SOX指数が反落していることや、円が対ドルで100円トビ台に入っていることも買いを手控えさせた。
 5月31日付でSMBC日興証券は投資評価「2」を継続し、目標株価を3270円から4650円に引き上げたが、新規連結対象とするPV製造装置を手掛けるTEL Solarの伸び悩みで、今14年3月期の連結営業利益は会社予想を30億円下振れると指摘している。

東京エレクの株価は13時55分現在4880円(▼220円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)