セルシードががん組織モデル作製用がん細胞シートで特許成立の見通し

 セルシード<7776.OS>がこの日の取引終了後、細胞シート工学の応用展開の一つである「がん組織モデル作製用がん細胞シート」に関する「がん細胞シート移植動物」の特許が日本で成立する見込みとなったと発表した。
 同特許は再生医療ではなく、医薬品のスクリーニングなどに用いる評価実験用動物の作製に対して細胞シート工学を応用するという新たな発想に基づいたもの。この技術を活用して作製した評価実験用動物(がん組織モデル)を用いると、例えば抗がん剤の候補化合物について動物レベルでの有効性を従来以上に正確にスクリーニングすることができるほか、他の細胞シートと組み合わせて積層化することで生体外でがん組織モデルを作製することができるようになり、新しい抗がん剤の研究開発に必要な期間・投資額・実験動物数などの削減や、開発成功確率の向上を実現できる可能性があるとしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)