ピジョンが大幅続落、第1四半期経常利益36%増益も材料出尽くし感

 ピジョン<7956.T>が大幅続落。3日の取引終了後、第1四半期(2~4月)連結決算を発表しており、売上高168億9500万円(前年同期比17.8%増)、経常利益21億8700万円(同36.1%増)と大幅増益を達成したが、材料出尽くし感がより強く意識されているようだ。
 中国を中心とした海外事業の順調な業績拡大に加えて、円安の影響で売上高が2ケタ増となったことに加えて、事業拡大に伴う生産拠点の稼働向上で原価率が改善した。これに為替差益が加わり経常利益は大幅増益となった。なお、14年1月期通期業績予想は、売上高735億円(前期比12.9%増)、経常利益78億円(同5.6%増)の従来予想を据え置いている。

ピジョンの株価は9時25分現在7360円(▼640円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)