ネクストウェアが小幅反発、マイナンバー制度関連で見直す

 ネクストウェア<4814.OS>が小幅反発。5月21日に3万8250円の年初来高値を付けた後にスピード調整となっていたが5月28日の1万5030円を底に下げ止まる動きとなっている。総合防災情報告知設備「マルチアラート」や地方税などの滞納整理・収納支援システム「CARATS」を含めて自治体向けソリューションを幅広く手掛けており、マイナンバー制度導入で自治体向けシステムの設備投資増となれば同社が恩恵を享受する期待もあり、押し目を拾う動きとなっている。

ネクストウェアの株価は9時27分現在1万6570円(△970円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)