東レが続落、三菱UFJMSが投資判断引き下げ

 東レ<3402.T>が続落。この日は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が3日付で投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」としたことが観測されている。目標株価は730円(従来660円)。同証券では、14年3月の期業績予想を営業利益で1000億円から1100億円に上方修正したが、東証1部平均PERの上昇を踏まえて付与PERを19.2倍に引き上げたが、株価上昇で目標株価とのカイ離が縮小したことから、投資判断を引き下げるとしている。同証券では、株価は14年3月期の強気な会社計画(営業利益1200億円予想)をいったん織り込んだとみており、今後は業績面でのポジティブサプライズを期待しにくいと判断しているという。

東レの株価は9時46分現在641円(▼31円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)