インターアクションが続伸、メガソーラー証券化を引き続き材料視

 インターアクション<7725.T>が続伸。前日のストップ高の余勢を駆って買い優勢の展開が続いている。同社は光源装置の製造を手掛けているが、太陽光発電システムにも積極展開しており、材料性に富む。今回の急速人気化は中国の企業と共同でメガソーラー(大規模太陽発電所)事業の証券化に乗り出すと3日付の日本経済新聞が報じたのがきっかけ。株価のボラティリティは高いが、前週に13週移動平均線との上方カイ離を埋めており、調整一巡で買い人気が再燃した。

インターアクションの株価は9時54分現在6万4000円(△3500円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)