ついに100円割れ!円安基調は復活するのか!?

マーケットコンディション
昨夜NY時間、堅いと思われていた100円のラインを突破すると、
ストップロスを巻き込み98.86円まで下落。
その後、買い戻されるも100円は回復せず99.52で終値をむかえた。

チャートの波形は侮れない。
上値を切り下げ、下値100円ラインとする、ペナント型波形通り
下限ラインへのパワーを溜めつつ、下値を抜けた。
100円に対する攻防戦で、一旦決着がついた形となる。
ファンダメンタル要因では、円安基調ながら、売り手の攻め
勝ちといったところか。

気がかりなのは、これだけの急落で99円台を維持している点である。
26円近く上昇した大相場の反転が3~4円の下落で納まるのか。
大相場には、大きな押しも必要となるが、押しと判断するためには
100円回復がカギとなる。

☆戦略
様子見 

買い手としては、大きな痛手を受けた形となる。
100円割れが出たところで、戦略の立て直しが必要。
100円を再度挑戦するのか相場の勢いを確認したい。

ポイントレベル
105.57 (2007.6~2011.11の下げ幅に対する61.8%戻し)
103.73 (5/22の高値)
103.00 (調度の精神的レベル)
102.52 (5/29の高値)
100.00
------------------------------------------------------- 
98.86 (6/3の安値)
98.65 (5/9の安値)
97.01 (4/30の安値)

注)本日の予想は6月4日10:10に寄稿したものです。
また、上記レートは弊社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。