新川がストップ高、いちよし経研が投資判断を新規「A」に設定

 新川<6274.T>がストップ高。この日は、いちよし経済研究所が投資判断を新規「A」とし、フェアバリューを1410円としたことが観測されている。同経研によると、リーマン・ショック以来の大きな転換点を迎えていると指摘。同社がこれまで打ち出してきた施策が奏功するほか、足もとで台湾を中心に半導体後工程投資が復調しつつあることから、同社の受注も改善に向かっていると考えられ、14年3月期は経常損益ベースでの黒字転換を予想。また、15年3月期以降もコスト競争力改善や新製品の寄与により収益拡大が続くと予想している。半導体後工程投資の復調により関連後工程装置メーカー各社の株価が回復傾向にある中、同社の相対株価推移は大きく出遅れており、投資判断「A」を付与したとしている。

新川の株価は10時55分現在723円(△100円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)