アマガサが続落、第1四半期3割弱の経常減益を嫌気

 アマガサ<3070.OS>が続落。3日引け後に発表した第1四半期(2~4月)連結決算が、売上高16億8800万円(前年同期比10.1%増)、経常利益5600万円(同29.6%減)と3割近い減益となったことを嫌気。卸売事業で百貨店や通販顧客向け販売が堅調に推移したほか、小売事業でも店頭ニーズを反映したMDの徹底が奏功し、売上高は2ケタ増収を確保したが、品質管理や小売事業強化のための増員、広告宣伝の強化などで販管費が増加したことから減益となった。なお、14年1月期業績予想は売上高65億5600万円(前期比6.6%増)、経常利益3億300万円(同6.7%減)の従来予想を据え置いている。

アマガサの株価は12時32分現在741円(▼41円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)