海運株が反発に転じる、SMBC日興が投資評価と目標株価引き上げ

 商船三井<9104.T>、日本郵船<9101.T>など海運株が反発に転じてきた。外国為替市場で急速に進んだ円高の流れが一服し、相場全体の地合いが好転してきたことで押し目買いが入っている。SMBC日興証券が3日付で商船三井の14年3月期の業績予想を大幅上方修正し、投資評価を「2」から「1」、目標株価は440円を520円へ。日本郵船はコンテナ運賃底打ち確度が高まり支援材料増えるとして投資評価を「2」から「1」、目標株価を310円から360円に引き上げている。

商船三井の株価は13時23分現在370円(△12円)
日本郵船の株価は13時23分現262円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)