新興市場(大引け)=ジャスダック平均は続落、マザーズ指数も反落

 4日大引けの新興市場は日経ジャスダック平均は続落、東証マザーズ指数は反落となった。
 日経ジャスダック平均は前日比5円76銭安の1927円15銭。
 FVCとイメージワン、PSS、コスモバイオ、アイフラッグがストップ安となり、シンクレイヤなども値を崩している。半面、ネクストウェア、レカム、医学生物、C&GSYS、インスパイア、USシステムなどがストップ高、IGポートも急反発している。
 東証マザーズ指数は前日比14.43ポイント高の875.92。
 スリープロが急落となり、メディネット、オークファン、イーブック、GTSなどが大きく売られた。半面、イーキャッシュ、ケンコーコムがストップ高、キャンバスやITbook、ユーグレナ、比較なども値を飛ばしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)