JXがオーストラリア北西大陸棚における探鉱鉱区権益を取得

 JXホールディングス<5020.T>はこの日大引け後に子会社のJX日鉱日石開発が100%出資する豪州法人 JX Nippon Oil & Gas Exploration (オーストラリア) がTap(Shelfal) Pty Ltdから、オーストラリア北西大陸棚海域の探鉱鉱区「WA―320-P鉱区」および「WA―155―P(2) 鉱区」の権益の10%および7%をそれぞれ取得することで合意したことを発表した。同社はオーストラリア北西大陸棚海域において、今年5月に生産を開始したフィヌケイン・サウス油田などの生産案件に加え、複数の探鉱案件を積極的に推進しており、今回の権益取得も注目を集めそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)