サムコが第3四半期累計決算を発表、経常利益2.3倍増益に

 サムコ<6387.OS>がこの日の取引終了後、第3四半期累計(8~4月)決算を発表しており、売上高31億7600万円(前年同期比15.9%増)、経常利益5億3900万円(同2.3倍)となった。国内でオプトエレクトロニクス分野の高輝度LED用途や各種レーザー用途の販売が伸び、大学・官庁・研究機関への販売も堅調に推移。また、電子部品分野での大口受注も寄与した。また、海外では引き続きアジア市場が牽引役となり、国内・海外ともに2ケタ増収となった。これに加えて、円安の進行で為替差益の発生もあり、経常利益は大幅増益となった。
 なお、13年7月期通期業績予想は売上高44億円(前期比14.9%増)、経常利益6億2500万円(同94.1%増)の従来予想を据え置いている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)