ケンコーコムが3日連続ストップ高、大衆薬ネット販売解禁で人気再燃

 ケンコーコム<3325.T>が大幅高で3日連続ストップ高と異彩を放っている。引き続き大衆薬のネット販売の全面解禁を控えていることが手掛かり材料。安倍首相はきょうの講演で「成長戦略第3弾」を発表するが、その中でネットによるすべての一般用医薬品販売の解禁について明記するとの観測が強まっており、改めて短期資金の集中物色対象となっている。全体相場は目先底入れ感が意識されるものの、依然として上下にボラティリティが高く不安定で、その中、同社株は為替など外部環境の影響を受けにくい内需好業績株として物色資金が向かいやすい。

ケンコーコムの株価は9時50分現在44万1500円(△7万円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)