テレビ東HDの上げ足加速、低PBRに見直し余地

 テレビ東京ホールディングス<9413.T>が4日続伸。ここ小口ながら継続的な買いが流入し上げ足が加速している。アベノミクス効果による景気回復期待は広告業界の出稿需要の増加にもつながっていくことで、民放各社にとっても追い風環境が期待される。同社の14年3月期業績は売上高が前期比2.5%増の1182億7200万円、経常利益は同70.4%増の35億2400万円と急回復する見通し。「テレビ放映権は新たな参入が難しい既得権益で民放にとっては強大な無形固定資産だが、それにもかかわらずPBRが1倍を下回るのは明らかにイレギュラー」(市場関係者)という指摘もある。その点、同社株はPBR0.6倍台と極めて割安感が強く、見直し買い余地がある。

テレ東HDの株価は11時3分現在1357円(△53円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)