東亜バルブが大幅続伸、日仏の原発輸出推進報道で関心

 東亜バルブエンジニアリング<6466.T>が大幅続伸。7日に予定されている安倍首相とフランス・オランド大統領との首脳会談で、原発の輸出推進で合意する方針であることが報じられたことから、PWR(加圧水型)原発向け高温高圧バルブで強みを有している同社へも恩恵享受への期待が高まっている。株価も6月4日の1251円で下げ止まる動き。

東亜バルブの株価は11時6分現在1410円(△110円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)