石油資源開発は北海道苫小牧市での太陽光発電事業発表も軟調

 石油資源開発<1662.T>は軟調。4日大引け後に住友商事<8053.T>、住友商事北海道との共同で北海道苫小牧市で、太陽光発電事業を開始すると発表したことが関心を集めている。3社で合弁会社「ソーラーパワー苫小牧」を設立、設備容量は13メガワット、太陽光パネル15.2メガワットで2014年11月の完工を予定している。石油資源開発は再生可能エネルギーである太陽光発電や地熱発電の事業分野においても積極的に事業展開を行う方針で今後の展開が注目される。

石油資源開発の株価は11時13分現在4140円(▼105円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)