<動意株・5日>(前引け)=ペガサス、タダノ、エイチーム

 ペガサスミシン製造<6262.T>=買い先行。投機資金の継続的流入が観測される中、きょうで4連騰となり、持ち前の材料性を発揮。同社は工業用ミシンの大手で、中国向けの売上依存度が高い。中国経済の先行きは依然として不透明ながら5月の中国PMI(製造購買担当者景気指数)が前月から改善をみせていることで中国景気にソフトランディング期待も浮上している。

 タダノ<6395.T>=急伸。5月下旬以降は全体相場の乱調に引きずられ調整色を強めていたが、好業績期待を背景に押し目買いが流入している。建設用クレーンでは世界屈指の実力。米国では、前期にオイルサンド精製プラント建設向けで大口案件を獲得したが、今期も一段の需要を確保する見通しで「会社側計画を上回る可能性がある」(国内中堅証券調査部)という。経済成長著しい東南アジア向けにも車両搭載型クレーンが伸びている。

 エイチーム<3662.T>=ストップ高。ソーシャルゲーム関連が見直されるなかで、モンスターバトルゲーム「ダークサマナー」が世界的な人気を誇る同社も物色されている。「ダークサマナー」は全世界で累計700万ダウンロードを突破しているが今夏には「ダークサマナー」の続編的な最新作として「ダークラビリンス」をリリースする予定で「ダークサマナー」同様のヒットとなれば業績への貢献度も大きそうだ。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)