<話題の焦点>=日本代表サッカーW杯出場へ、スポーツ用品などに特需期待

 14年にブラジルで開催されるサッカーワールドカップに、4日のオーストラリア戦で日本が引き分け、出場権が獲得できるグループ2位以下が確定して、5大会連続5度目の出場が決まった。

 関連銘柄としてまず注目なのが、ワールドカップ予選の試合で独占放送権を獲得しているテレビ朝日<9409.T>。さらには、サッカー日本代表のスポンサー企業であるキリンホールディングス<2503.T>にとっては、ワールドカップ出場を決めたことで一段と広告宣伝効果が高まることから収益の一層の向上が期待できる。

 その他関連銘柄としては、本田圭佑選手モデルのスパイクなどを販売しているミズノ<8022.T>などスポーツ用品メーカーも改めて注目され、需要掘り起こしにつながる可能性もある。

 また、人気ゲーム「ウイニングイレブン」シリーズを販売しているコナミ<9766.T>などのサッカーゲーム関連銘柄も注目を集めそうだ。さらに、サッカー教室を運営している学習塾のクリップコーポレーション<4705.OS>やスカパーJSATホールディングス<9412.T>なども見逃せない。ワールドカップ出場決定で、関連銘柄への注目度はさらに高まりそうだ。

◆主なサッカーW杯関連銘柄

テレビ朝日<9409.T> W杯予選などの独占放送権
キリンHD<2503.T> 日本代表の公式スポンサー
ミズノ<8022.T>   本田モデル「WAVE IGNITUS 3 MD」などのシューズを販売
クリップ<4705.OS>  サッカー教室などを運営
スカパーJ<9412.T> スポーツ番組などを中心に放送
電通<4324.T>    スポンサーに対する広告の販売権
博報堂DY<2433.T> スポンサーに対する広告の販売権

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)