国際帝石が下げ渋る動き、ベトナム南部海上でガス・コンデンセート層を確認

 国際石油開発帝石<1605.T>が下げ渋る動き。この日11時30分に同社100%子会社である帝石コンソン石油を通じ、出光興産<5019.T>の100%子会社である出光オイルアンドガス開発、およびJX<5020.T>のJX日鉱日石開発とともに、ベトナム南部海上の05―1b and 05―1c探鉱鉱区で3坑目の坑井を掘削し、ガス・コンデンセート層を確認したことを発表した。今後、詳細に埋蔵量の評価・検討を行うとともに、当該鉱区に存在する他の有望構造の評価も併せて進めていく方針で、今後の展開に期待が高まるところだ。

国際帝石の株価は14時26分現在43万9000円(△1000円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)