大同特鋼は反落、三菱UFJMS証が目標株価を440円に引き下げ

 大同特殊鋼<5471.T>が反落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が4日付のリポートで投資判断「ニュートラル」を維持、目標株価を従来の450円から440円に引き下げた。
 リポートでは「総合特殊鋼メーカーとして、自動車生産回復の恩恵を享受できるものの、知多工場の投資関連コスト負担増で販売数量増加のメリットを十分享受できない見込み。下半期の知多工場再稼働前の生産停止に備え、足もとは半製品の戦略備蓄を遂行中である。従って特殊鋼需要の急変動は、一時的に生産弾力性が小さくなっている当社にとって悪影響は避けられない」としている。

大同特鋼の株価は14時53分現在500円(▼17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)