アルバックが13年6月期業績予想を下方修正、顧客の投資減少・延期が要因

 アルバック<6728.T>がこの日の取引終了後、13年6月期の連結業績見通しを従来予想の売上高1710億円、営業利益62億円、純利益23億円から、売上高1650億円(前期比16.2%減)、営業利益54億円(前期63億8400万円の赤字)、純損益52億円の赤字(同499億8400万円の赤字)に下方修正した。液晶・半導体を中心に顧客の投資が減少・延期されたことなどから売上高が想定を下回ることが要因。純利益については、マテリアル事業の一部不採算製品・取引の見直しに伴い事業構造改革費用58億円を特別損失に計上することから、赤字に転落するという。
 なお、これに伴い、従来未定としていた期末一括配当を無配とすることを同時に発表している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)