遠藤照明が3日ぶり反発、SMBC日興が投資判断を新規「1」に

 遠藤照明<6932.OS>が3日ぶり反発。この日は6日付でSMBC日興証券が投資判断を新規「1」とし、目標株価5000円としたことが観測されている。同社は約8割の製品を海外工場で生産する一方、国内売上高比率が95%以上に達しており、円安進行は営業利益の圧迫要因となるが、足もとの為替水準程度であれば、増収効果でその影響は十分に吸収可能であり、最高営業益の更新は続く見通しと評価。費用面でも、13年3月期までは増産投資に勤しんでいたが、14年3月期以降は効率化やこれまでやや後回しとなっていた原価低減活動に軸足が移ろうとしている点も、見逃せないポイントとしている。

遠藤照明の株価は9時42分現在2979円(△70円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)