引き続き、ドル円は、日経平均に連動!!

マーケットコンディション
昨日は、日本時間の朝方こそ100円台を回復したが、日経平均下落を受け、
99円台へ突入。ADPの発表もドル円の下げ材料となり98円台を付ける。
日経平均の下落に引きずられた形となった。

昨日は、安倍首相が「成長戦略第弾」について講演された。

「10年で1人当たりの所得を150万円増加させる」........
増加したGDPを人口で割ったに過ぎない数字である。

期待が高すぎたのか、内容にサプライズはなく、失望感から
株式の下落を誘った。

7月の参議院選直前で、安倍政権も必死で株価建て直しの策を
出してくるだろう。
現在のドル円は株価に強く反応しているので、要人発言には注目である。
☆戦略
買い方針 

政治主導の相場ではあるが、歴史的トレンドが発生したのは事実である。
「たまご(円安)が先か鶏(株価上昇)が先か」等、懸念材料も多いが
ここは、買い方針でいきたい。

直近のマーケットに逆行しているので、ストップロスを浅目に入れるか
ポジションを少なめにして、仕掛けていきたい。

ポイントレベル
105.57(2007.6~2011.11の下げ幅に対する61.8%戻し)
103.73(5/22の高値)
103.00(調度の精神的レベル)
102.52(5/29の高値)
100.73(6/3の高値)

------------------------------------------------------- 

98.86(6/3の安値)
98.65(5/9の安値)
97.01(4/30の安値)

注)本日の予想は6月6日10:20に寄稿したものです。
また、上記レートは弊社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。