オリンパスが小幅安、SMBC日興は「1」へ格上げし3600円目標に

 オリンパス<7733.T>が一時、前日比75円高の3120円まで買われたが前引けにかけて失速している。SMBC日興証券は5日、同社の投資評価を「2」から「1」に引き上げ、目標株価は3600円(従来2400円)とした。同証券では、「内視鏡の新製品効果が主要地域で顕在化しており、本格的な収益拡大期入りが確認できた」と指摘。同時に「デジカメも構造改革により一定の止血効果が見込める」として、2016年3月期営業利益は08年3月期以来の1000億円(13年3月期は350億7700万円)を予想した。また、「財務面も着実な改善がみられる」として、15年3月期に20円の復配も見込んでいる。

オリンパスの株価は11時30分現在3010円(▼35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)