駅探が反落、ICカードを利用した自動交通費管理サービス開始と発表も反応薄

 駅探<3646.T>が反落。前引け後に、ベネフィット・ワン<2412.T>子会社のベネフィット・ワンソリューションズと共同で、SuicaなどのICカードを利用した「自動交通費管理サービス」を7月よりスタートさせると発表したが、反応は限定的。これは、使用したSuicaなどのICカードを専用のカートリッジにかざすだけで、申請者の定期区間外の電車やバス等の移動区間の履歴・交通費を、自動的にデータベースに読み込むことができるというもので、交通費精算時などでの入力の手間の軽減や、管理者の認証作業の手間の軽減が期待できるとして注目されそうだ。

駅探の株価は12時35分現在483円(▼7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)