<後場の注目銘柄>=モブキャスト、販促効果で会員数順調増

 モブキャスト<3664.T>の足もとは上場来高値更新後の調整局面にあるが、4月中旬の急騰前の水準接近で値ごろ感が感じられる。

 株価調整のきっかけとなった第1四半期決算は連結営業利益が1億1000万円となり、前年同期の単独決算ベースとの比較では5割を超える減益となったが、費用先行は計画通りでネガティブに捉える必要はない。

 同社の成長に必要な「mobcast」会員数は、テレビの番組提供やスポーツ会場での販促活動などの効果で増加ペースが高まっており、課金会員数も順調に増加している。今後1~2年の間には、同社が当面の目標とする「会員数1000万人」達成も可能で、業績も成長路線を継続へ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)