シャープが1カ月ぶり400円割れ、SMBC日興が現状株価水準を正当化することは困難とコメント

 シャープ<6753.T>が続落し一時1カ月ぶりに400円台を割り込んだ。5日付でSMBC日興証券が投資評価「3」を据え置き、目標株価を200円から250円に引き上げている。ただ、SMBC日興では大幅な業績悪化局面から一転、今14年3期以降、16年3月期まで増収増益基調が続くが、会社が発表した中期経営計画目標の達成は難しいと見ており、現状株価水準を正当化することは困難としている。

シャープの株価は14時49分現在405円(▼17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)