新興市場(大引け)=ジャスダック平均は4日続落、マザーズ指数も3日続落

 6日大引けの新興市場は日経ジャスダック平均で4日続落、東証マザーズ指数も3日続落となった。
 日経ジャスダック平均は前日比104円17銭安の1814円28銭。
 後場から一段と値を崩す展開でセルシード、PSS、シンクレイヤなどのストップ安を筆頭にユビキタス、テラ、日本一Sなど多くの銘柄が値を崩している。半面、ドーン、レカムがストップ高、ラクオリアやアムスク、フーマイエレなども値を飛ばしている。
 東証マザーズ指数は前日比113.86ポイント安の757.17。
 上昇銘柄はユナイテッド、ネットイヤー、ぷらっとのストップ高やYAMATO、データHR、APカンパニーの6銘柄のみで、GTSがストップ安となりカイオム、オルトプラス、エリアクエストなど多くの銘柄が値を崩している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)