アルトナーが第1四半期決算を発表、販管費膨らみ経常利益78%減益に

 アルトナー<2163.OS>がこの日の取引終了後、第1四半期(2~4月)連結決算を発表しており、売上高9億4200万円(前年同期比3.3%減)、経常利益1700万円(同78.6%減)と大幅減益に終わった。技術者派遣事業は稼働人員の増加もあって順調に推移したものの、請負事業で技術者の技術者派遣事業への戦略的シフトを行ったことから売上高が減少した。これに加えて、キャリア採用への積極投資や新事業モデル制度への移行に伴う成果報酬型の賃金体系への変更などに伴い販管費が増加し、経常利益は大幅減益に終わった。
 なお、14年1月期通期業績予想は売上高40億5200万円(前期比0.8%増)、経常利益2億2000万円(同24.4%減)の従来予想を据え置いている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)