<前場の注目銘柄>=ADEKA、今期大幅増益を見直す

 ADEKA<4401.T>の株価は900円割れまで下落しているが、PBR0.7倍の時価近辺は見直せそうだ。

 化学品ではフラットパネルディスプレイ向けの各種材料がスマートフォンやタブレット端末の販売拡大を受け、堅調に推移。食品事業も業務用マーガリンなどの加工油脂やホイップクリームなどの加工食品が好調に推移しており、今3月期は連結営業利益で125億円(前期比26.8%増)と大幅増益の見込みだ。

 光学フィルムやフォトレジストに使用される感光性材料やタッチパネル向けの電子回路基板エッチング薬剤など競争力の高い独自製品の拡大が継続しており、今後もモバイル分野が収益を押し上げていきそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)