ダイフクは軟調、岩井コスモ証は投資判断「B+」で新規カバレッジ開始

 ダイフク<6383.T>が軟調。岩井コスモ証券は投資判断「B+」、目標株価1000円で新規カバレッジを開始した。
 リポートでは「13年3月期の連結業績は売上高2023億円(前の期比2.2%増)、営業利益80億円(同89.9%増)と大幅増益を達成。主に親会社であるダイフクのコストダウン、プロジェクト管理の徹底などで営業利益が大幅改善したことに加え、子会社のコンテック<6639.T>が手掛ける太陽光発電計測システムの収益増やアジアを中心とする海外子会社も貢献した。また、14年3月期も前期実施のM&Aの案件の年間のフル寄与や国内および新興国での自動車生産ラインシステムの好調維持などに期待される」としている。

ダイフクの株価は10時35分現在762円(▼16円)

は軟調、岩井コスモ証は投資判断「B+」で新規設定

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)