ニッポン高度紙が続伸、電池用セパレータの好調を見直す

 ニッポン高度紙工業 <3891.OS>が続伸。電気絶縁用セパレーターの大手で電池用セパレータは省エネ型車両などに使用される電気二重層キャパシタ向けが好調に推移しており、14年3月期は連結売上高126億2000万円(前期比20.7%増)、営業利益6億7000万円(前期実績2億6400万円の赤字)を見込んでいる。5月28日には850円まで下落しているが、業績回復基調から悪地合いでも底堅い動きになっている。

ニッポン高度紙の株価は10時43分現在929円(△29円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)