任天堂は3日続落ながら下げ渋る、「E3」の動向を注視

 任天堂<7974.OS>が小幅ながら3日続落。全般の地合い悪や為替の円高基調などから軟調な展開となっていたが、4月2日の安値9620円を下回る水準になってきたことから下げ渋る動きとなっている。来週11日から開催される世界最大のゲーム見本市「E3」が接近し、同業他社が新型ゲーム機の発表を予定するなかで、同社の「WII U」のテコ入れ戦略が注視されるが、「大乱闘スマッシュブラザーズ」や「マリオカート」の新作など有力タイトルの発表が複数控えている模様で期待感もある。

任天堂の株価は10時45分現在9170円(▼60円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)