Dガレージが反発、ネット選挙関連として再注目の動きに自律反発狙いの買いも

 デジタルガレージ<4819.OS>が反発。参院選に向けたネット選挙関連の一角として再度注目されているようだ。ツイッターによる選挙活動はいわばネット選挙の入り口であることから、関連銘柄としての注目を集めやすい。既に5月8日高値40万7500円から4割近く下落していただけに、自律反発狙いの買いも入っているもよう。

Dガレージの株価は11時30分現在27万100円(△5100円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)