<後場の注目銘柄>=三菱重、大型案件相次ぎ期待感

 三菱重工業<7011.T>は切り返しのタイミングを迎えた。航空・宇宙、船舶・海洋、汎用機・特殊車両いずれの事業も採算が改善、今14年3月期の連結営業利益は前期比16%強増の1900億円と大幅増益を見込む。

 トルコ原子力発電プロジェクトに続き、国際帝石のイクシスLNGプロジェクト向け次世代型運搬船、米ポートランドGE社からは高効率ガス発電設備を受注するなど大型案件が相次ぎ、日仏両政府による原子力発電所輸出支援策へ期待も強い。

 先月23日に年初来高値765円をつけてから、相場全体の急速な地合い悪化で急落したが、リバウンド余地は大きい。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)