ヤマダエスバイエルが続落、住宅関連安で軟調も新営業戦略に期待

 ヤマダエスバイエル<1919.T>が続落、2月15日の年初来安値137円に接近してきた。低位の住宅関連株が値を崩すなかで同社株も下げが止まらない。6日には、ヤマダ・エスバイエルホームの第1弾として、新営業戦略に基づく中高級注文住宅商品「E―CHERIE(E―シェリエ)」 を創立記念日の6月14日から販売開始することを発表している。「心が安らぐゆったりとした住まい」を叶える商品として、ヤマダ電機<9831.T>傘下で再建を目指すうえでの戦略商品であることから、新住宅の販売動向次第では、見直される期待もありそうだ。

ヤマダエスバイエルの株価は14時8分現在142円(▼8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)