カカクコムは続落、野村証は投資判断を「ニュートラル」に引き下げ

 カカクコム<2371.T>は続落。一時、前日比164円安の2473円まで売り込まれている。野村証券が6日付のリポートで、投資判断を従来の「バイ」から「ニュートラル」へ引き下げたことが嫌気されている。ただ、目標株価は従来の2050円から2900円へと引き上げている。
 リポートでは「カカクコムは、(1)個人向けと法人向けの双方で〝食べログ〟を中心とした中期利益成長ポテンシャルが高い、(2)「価格.com」は消費動向の回復と継続的な機能改善によって安定利益成長が続いている、(3)「スマイティ(不動産住宅情報サイト)」を中心に新たな事業の柱が離陸期を迎えつつある点を考慮」としている。
 
カカクコムの株価は14時39分現在2593円(▼44円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)