IMVが反発、振動試験装置好調で今9月期通期は増額期待

 IMV<7760.OS>が反発、下げ止まる動き。この日は250円まで下落したが、振動試験装置・計測装置の世界的企業として揺ぎない地位を誇っている実態が見直され270円まで戻す動きとなっている。自動車関連業界を中心に多軸振動シミュレーションシステムや温湿度・振動複合環境シミュレーションシステム、海外では韓国・ロシア向けの振動シミュレーションシステムが好調で、パソコンなどのIT機器やHVやEVなどに搭載されるリチウムイオン電池に関しても振動のほか発火対策試験や劣化試験でもニーズが高まっている。今9月期は連結営業利益で5億円(前期比24.9%減)予想ながら第2四半期では6億3800万円(前年同期比6.2%増)を計上しており増額期待も高まっている。

IMVの株価は14時45分現在270円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)