緊急事態からの脱出か?今後、ますます投資格差が拡大!

緊急事態からの脱出か?今後、ますます投資格差が拡大!
5月の雇用統計は月17.5万人の雇用増加で事前予想の16万人から17万人を上回りました。失業率は7.6%と4月の7.5%から少し上昇、為替は一時94円台に突入後、97円へ、ニューヨークダウは200ドル高となり、雇用統計の結果は株には好感され上昇、為替はドル高円安に振れました。

このまま順調に雇用増加が続けば、米国の失業率は6%台に突入していく可能性も出てきています。不景気、金融不安の元での異常事態下の金融財政政策から好景気、物価安定を意識した正常な金融財政政策へと移行していく可能性が高まりつつあります。

9月のFOMCで出口が見えそうな気配も出てきました。

今後は極度の金融不安から世界景気は浮上してくる可能性は強まりつつあり、日本、米国、欧州と先進国で発生した金融不安にとうとう出口が見え始めたことを意味します。

ですから今の相場に極度の不安を抱く必要はなく、基本的に買いスタンスで望まれることをお勧めします。

ただ、投資格差はここにきて急拡大中です。

特に銘柄選択、売買の仕方、買い参戦時期、売却方法や銘柄入れ替えなどによって大きな投資格差が生じており、特に短期売買に明け暮れていると利益は小さく、損は大きくなりがちで、忙しい割に財産はちっとも増えないということになりかねません。

今のような調整局面がリズムをただしていくのに非常に重要となりましょう。