八千代工が急反発、「イオンフレアー 」による新規事業を好感

 八千代工業<7298.OS>が急反発。株価は一時、前週末比33円高の712円まで買われている。7日大引け後に銀イオンを活用した抗菌剤「イオンフレアー 」による新規事業を開始することを発表したことが好感されている。銀イオンの抗菌作用を活した抗菌剤を原材料として販売することを目標にしており、ゴムや樹脂、木材などの素材への含有、含浸による工業製品としての抗菌性の実証実験を進めていく方針。さらに、ウイルスなどへの感染予防への展開を視野に入れた研究開発を、防衛医科大の協力を得ながら進める方針で感染予防の研究が進展すれば関心を集めることになりそうだ。

八千代工の株価は9時40分現在700円(△21円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)