クックパッド急騰、業績の最高益更新と増配を好感

 クックパッド<2193.T>が急騰。株価は一時、前週末に比べ480円(20.5%)高の2820円まで買われ、上昇率は東証1部でトップとなっている。同社が7日に発表した13年4月期業績は過去最高益を大幅に更新したことが好感されている。前期の売上高は49億8200万円(前の期比27.4%増)、営業利益は26億4400万円(同37.1%増)、純利益は16億1600万円(同45.6%増)だった。前期配当は前の期比7円増の10円とした。
 前期はプレミアム会員数が順調に増加し95万人を突破したほか、広告事業ではディスプレイ広告やネットワーク広告が伸長した。同サイトの月間利用者数は4月時点で3267万人(前年同月比34.5%増)、累計投稿レシピ数は145万品を超えた。
 同社では、14年4月期の業績見通しは公表していないが、売上高、営業利益は前期を上回る見通しと引き続き最高益を更新する見込み。配当は配当性向20%(前期は10.1%)をメドとする方針としており、今期の大幅増配への期待も出ている。

クックパッドの株価は10時2分現在2733円(△393円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)