三菱自動車が反発、突っ込み警戒感から買い戻し先行

 三菱自動車工業<7211.T>が反発。先月22日に年初来高値226円をつけてから地合い悪化とリコール問題などもあって、前週末ザラ場安値130円まで42%強の急落になっていたが、相場全体の地合い好転に伴い、突っ込み警戒感から買い戻しが先行している。日産自動車<7201.T>と共同開発による新型軽ワゴン車への期待も改めて買い手掛かりになっているようだ。

三菱自動車の株価は11時30分現在147円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)